2012年06月26日(Tue)

本社の一室をリニューアル☆

カテゴリー:社風・職場環境記事編集

みなさま、こんにちは。
総務部の松原です。

今まで倉庫の様に使用してきた本社の一室を、
会議や打ち合わせだけではなく、作業スペースなど
多目的な用途で使用できるようにリニューアルしました

リニューアル後

今回、簡単に移動が出来るキャスター付のテーブルで、
さらに重ねる事ができ省スペースに収納できるタイプの
下記テーブルとイスを導入しました。
・フラップテーブル[TRN-1860 ライオン事務機]
・会議用イス[№725S ライオン事務機]


フラップテーブルイス

このテーブルはフラップテーブルと呼ばれるもので、
サイドにあるレバー操作で簡単に天板を折りたたむ事ができます。
天板の折りたたみ時にレバーを離しても、途中で止まる安心構造のため、
操作中不意にレバーから手が離れてしまっても、指を挟むなどの危険を軽減します

また従来の机は、天板を折りたたんで収納すると斜めにずれが生じていたのですが、
テーブルの幅で平行に重ねることが可能な平行スタック式を採用しているので
すっきりと収納できます

どちらの商品も当社でお取り扱いしております。
ご興味のある方は、ぜひこちらまでお問い合わせください

 
│posted at 09:54:33│ コメント 0件トラックバック 0件
2012年06月14日(Thu)

新しい仲間

カテゴリー:仕事内容記事編集

こんにちは。
コンテンツ事業部 製本部の竹田です。

5月7日に新しい仲間が増えました。
その名はHorizon ミシン機 「VP-53」
自動給紙で薄紙から中厚紙までを
高速・高精度でミシン加工が出来る優れ物です。

「ミシン加工ってナニ?」と思われた方・・・
雑誌を読んでいて切り取りミシンの付いた
「申し込みハガキ」など見た事ありませんか?
その他、伝票類やチケットにもミシン目が入っていますよね
このように身の回りの印刷物には意外と
ミシン目加工されたものが多く存在しています。
最近では、コスト削減を目的に白紙用紙にミシン目を入れて
出力使用することも多くなっています。
(ちなみに山越でもこのようにして使っています。)↓↓

ミシン目

もし、ミシン目加工についてご質問があれば
こちらまでご連絡ください、お待ちしてます

 
│posted at 15:16:08│ コメント 0件トラックバック 0件
2012年06月08日(Fri)

Morgan Betz滞在制作成果発表「Ikebanazawa」

カテゴリー:山越サンアートビル日記記事編集

「CAAK &Kapo Creator in Residence 6」
Morgan Betz(オランダ出身、ドイツ在住) 滞在制作成果発表「Ikebanazawa」


日時 : 2012年6月10日(日) 11:00-17:00
会場 : Kapo gallery
入場無料
アーティストトーク : 15:30~
*会場内でドリンクとフードの販売あり。

内容 :
2009年からCAAKとKapoは共同で
「CAAK & Kapo Creator in Residence」を行っています。
本プログラムでは、国内外のクリエイターが金沢に滞在して
作品制作やリサーチ等を行います。
今回、6人目となる参加アーティストは
ベルリン在住、オランダ出身のMorgan Betz(モーガン・ベッツ)です。

Morganは4月に金沢での滞在を開始して、
制作とリサーチを行ってきました。
滞在制作成果発表では、湯涌創作の森で木版画を学んで制作した平面作品と、
グリーンアーツ陶芸教室で制作した陶芸の作品を発表します。
1日限りの機会ではありますがご来場頂けましたら幸いです。
*終日、Morganは会場にいます。日本語も少し話せます。

お問い合わせ : info@kapolog.com

主催 : CAAK(Center for Art & Architecture, Kanazawa)、
     Kapo(Kanazawa art port)

 
│posted at 13:43:00│ コメント 0件トラックバック 0件